2010年01月25日

一方的報道「よろしくない」=官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は20日午後の記者会見で、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体をめぐる事件で情報源を「関係者」と秘匿した報道について「記事の中身によっては公平でなくなるものもあると思う。利害が相反する場合、一方的に報じることはよろしくないのではないか」と指摘した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

首相、普天間移設先「昨年末に決めなくて良かった」(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川容疑者「小沢氏に事務処理を報告」(毎日新聞)
自民に新グループ=山本元金融相ら6人(時事通信)
<ハイチ大地震>日本人医師奮闘 手術に診察、息つく暇なく(毎日新聞)
小沢幹事長 「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
posted by ミツイ トシオ at 09:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。